忍者ブログ

トルコの絨毯詐欺師達

以前から興味のあったトルコ。アジアとヨーロッパが融合する場所。繊細で美しいイスラム建築。近くにあって遠い国。ずーっと、いつか行ってみたいなあ、と思うこと数年。同じように、トルコに行ってみたいと言う友人と意気投合して、あれよあれよという間に、気がつけばイスタンブールの地を踏んでました。そんな私達を待ち受けていたものとは...。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イスタンブール = 絨毯屋巡礼ツアー

1週間弱のイスタンブールから戻ってきた私の手元には、今、11枚の名刺がある。内訳は、レストランが1枚、旅行社2枚、お土産屋3枚、そして突出して多いのが、絨毯屋で5枚ある。

単純計算すると、滞在中1日1軒の絨毯屋につかまっていたことになる。

私達の泊まっていたホテルは、旧市街スルタンアフメット地区にあった。このロケーションは、一見立地条件が良いようにみえる。なんと言っても、ブルーモスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿等に約徒歩5分の至近距離。アクセスとしては、申し分ない。

ただ、そのような観光スポットが集中しているせいか、観光客を狙う輩も多いのは事実。夜間出歩く際の治安に関しては、特に問題なさそうに感じられた。しかし、忘れてはならない。この地区は悪徳絨毯屋の巣窟なのだ。

私は、恥ずかしながら、あまり詳しく前調べ等せずにイスタンブール入りした。最終的には、私達は金銭的トラブルには幸い巻き込まれずに済んだ。でも、ここは詐欺師達に毎日遭遇するような土地なのである。詐欺師の数も一人や二人ではない。絨毯やキリムこそ買わされなかったが、一番悔やまれるのは、楽しいはずの旅行が彼らの出現によって台無しにされたり、大幅な時間のロスを食らったことだ。

そして、無知な私がイスタンブール滞在中、あれだけの数の詐欺師に声をかけられたにもかかわらず、絨毯を一枚も買わずに済んだのは、たくさんの注意勧告、警告ブログの存在、それにネット上の情報のお陰だ。

こうして、トルコを後にした私は、稚拙ながらこのサイトを立ち上げ、これ以上被害者を増やさないためにも、微力ながら役に立ちたい、と思った。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

リンクのお願い

はじめまして。
「トルコ旅行と絨毯恋愛詐欺」の管理人でございます。
開設された当時、すぐに拝見させていただいていました。
CやU、Tなど「大物」とも遭遇されてしまった経緯、興味深く読ませていただきました。
HN様の詳細な記録は、これからの旅行者への貴重な情報となるに違いなく、私のブログでもリンク、および紹介をさせていただきたいのですがいかがでしょうか。
よろしくお願いいたします。
(Tという人物は、現在アップ中の連載に出てくる『中年K』と思われます)

ありがとうございます

かこ様、

ご連絡遅れて申し訳ありません。

一見無害そうなお調子者Tも、結構いろいろやってるんですね。まあ、ああいう輩とつるんでいること事態、ロクなもんじゃないですよね。またかこ様のブログを拝見させていただくことにします。最近の動向に関しては、ノーチェックだったので・・・。

本当に、日本人被害者や泣き寝入りする人が減ってほしいと強く願います。

リンク申請、ありがとうございました。遅ればせながら、こちらからもかこ様のブログをリンクさせていただきますね。

今後もよろしくお願いいたします

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[08/03 HN Ninja3]
[07/17 かこ]

最新記事

プロフィール

HN:
Ninja3
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R